panelarrow

寝たきり防止は「本人の意欲」や「人間関係」は重要

FH107_L
心配な「寝たきり」防止は、介護サービスを上手に利用できる「生活環境の整備」から「本人の意欲」や「人間関係」も大きく影響
老後の一番の不安である「寝たきり」を防ぐ方法を考えてみましょう。
あなたの身の回りに、おむつをしている、寝たきりで介護が必要になった人はいませんか。
いちがいには言えませんが、こうした状態は、「自立できる」「介護機器が使える」「介護者の負担が軽い」ように生活環境を整えることで、回避できることが多いのです。
よく普段の生活で多少の介助が必要だけど、ちょっとした補助があれば自分でトイレに歩いて行けるような状態の人が、日中の大半をベッドで過ごす例が見受けられます。ベッドは就寝する場所ですが、生活する場所ではありません。寝ていてもらえば安全で安心だからと、寝かせきりにしておくことが、寝たきりをつくるもとだとは、一般にいわれていることです。人手がないときは仕方がないとあきらめないでください。
こうした虚弱な人でも、長くゆったり過ごせる椅子があればベッドで過ごす時間は少なくなり、起きていることで、寝たきりが防げます。なにより「起きていられる」ことで気持ちが明るく、前向きになります。
ところで品川区モデル住宅には、15万円ほどする電動リクライニングチェアが展示してあります。見学者は、椅子にこれほどお金をかける習慣がなかったこともあり、始めは皆「よいけど高いし、第一置く場所がない」と感想をもらします。
そこで「本当にそのお金がないですか。クーラーやテレビが生活必需品なのと同じように考えることができるのではないですか」と尋ねると、「それはそのとおりだ」との答えが返ってきます。不用なものを整理すれば椅子を置く場所もできます。こうした生活の改善方法を知らず、今のままで制度を利用しても、日本独特の「寝たきり」が解消されることはないでしょう。
次に忘れてはならないのが、気持ちの問題です。「よくなりたい」「食べたい」「歩きたい」「起きていたい」「人に会いたい」といった意欲を持つ、持てるようにすることが「寝たきり」を防ぎます。一日の生活のリズムをつくる、おしゃれをする、といったことが大切です。
昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、家 高く売る ←こちらのサイトからたくさん見られます。
このほか、家族のちょっとした思いやり、友達の訪問、犬や猫、草花などにふれることで、身体状況は大幅に違ってきます。なかでも大切な対人関係は、それまで、どのように家族や友達と接してきたかで、決まります。いちがいには言えませんが、周りの人を大切にしてきた人は、周りからも大切にされるように見受けられます。夫婦間も同じです。

Comments are closed.